Hatena::Groupbreezy-conversation

上京物語

2008-09-27

[]最近読んだ本 03:49 はてなブックマーク - 最近読んだ本 - 上京物語

夢の守り人 (新潮文庫)

夢の守り人 (新潮文庫)

相変わらずの安定感でだれにでも勧められる民俗学者の書いたファンタジー第3弾


日本の美意識 (光文社新書)

日本の美意識 (光文社新書)

神道と結びついた自然との一体美、優美

仏教の生死観から生まれた未完の美、幽玄

質素であることを本質的に肯定する、侘び寂び

西洋建築によってもたらされた純粋に形式な美、きれい


これらの美意識の発展を詳述し、終章にて近代の美意識について述べる。そして、千と千尋の神隠し自然は克服するものとするキリスト教西洋近代主義への批判なのだ、と締め。

論調が強引なところ、冗長すぎる状況記述が散見されて読み物としてはイマイチだけどテーマと全体的な構成はまずまず。


「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

会計知識の有用性についてはもう疑う余地はないけど、実用レベルの知識を身につけて生かして、という意欲はいつまでたってもわいてこない。この分野についてはこのへんにしとこうかな。

ayustetayustet2008/09/28 05:30民俗学者の書いたファンタジーってわかりそうで内容想像できんな。。読んでみるか。
日本の美はなかなかテーマとして難しいところ。美は主観だからね。松岡正剛の日本数寄とか面白かったけどね。

mikedamikeda2008/10/06 02:08読んでみればわかりますよ。環境と歴史が文化と宗教を形作る様がとても丁寧に。

美は受容側の個体差を考えれば主観だと十分言えてしまいますが、歴史的、遺伝的に継承された根拠づけできる要素が根っこにあるとも思うので科学的な探求の対象としても興味があります。なんていつもジャージの自分が言ってもなー